五家宝 ごかぼうの格安通販

五家宝 ごかぼうのお買い得情報をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

五家宝 【12本入り】 紅葉屋本店 五家寶 ごかぼう 熊谷を代表する銘菓、埼玉県の定番お土産品!埼玉県のお取り寄せ お土産 【まち楽_埼玉】

価格: 378円 レビュー評価:4.56 レビュー数:116
※発送までに1週間?10日ほどお時間を頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。メーカー:(株)紅葉屋本店【原材料】大豆、もち米、砂糖、水飴【賞味期限】2?3週間【内容量】12本入り【保存方法】直射日光、高温多湿を避け、開封後は、お早めにお召し上がり下さい。1765年(明和2年)、初代 紅葉屋庄次郎が創業し、以来二百四十余年の永きにわたり、紅葉屋本店は「五家寶」一筋に商いを続けてまいりました。江戸後期の文人・太田南畝の随筆「奴師労之」には、将軍家治の日光社参に随行した際、道中に“五箇棒”と呼ばれる菓子があったことが記されております。また、近代になり鉄道の発達とともに全国にその名を広めた「五家寶」は、尾崎紅葉や泉鏡花らの作品にもその記述をみることができ、いまや埼玉三大銘菓の一つとして数えられております。奇をてらわない素朴な菓子ゆえ、素材そのものや製法がすべて味の決め手となります。先人達が
(更新日時:2014/09/13 14:11)

一口極上五家宝☆ごかぼう

価格: 315円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品詳細説明名称一口極上五家宝原材料名水飴 砂糖 黄な粉 水 もち米内容量18個(長さ約2センチ 直径約2.5センチ)賞味期限50日保存方法高温多湿なところは避けてください製造者東京都足立区 渡藤製菓備考お召上がりの際、落ちる黄な粉にお気をつけください食べやすい一口サイズ。会社や、お子様のおやつにどうぞ。
(更新日時:2014/09/13 14:11)

五家宝 【太巻】 紅葉屋本店 五家寶 ごかぼう  熊谷を代表する銘菓、埼玉県の定番お土産品! 和菓子 和スイーツ 埼玉県のお取り寄せ お土産 【まち楽_埼玉】

価格: 378円 レビュー評価:4.46 レビュー数:54
※発送までに1週間?10日ほどお時間を頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。メーカー:紅葉屋本店原材料:大豆、もち米、砂糖、水飴内容量:太1本賞味期限:2?3週間保存方法:直射日光、高温多湿を避け、開封後は、お早めにお召上がり下さい。1765年(明和2年)、初代 紅葉屋庄次郎が創業し、以来二百四十余年の永きにわたり、紅葉屋本店は「五家寶」一筋に商いを続けてまいりました。江戸後期の文人・太田南畝の随筆「奴師労之」には、将軍家治の日光社参に随行した際、道中に“五箇棒”と呼ばれる菓子があったことが記されております。また、近代になり鉄道の発達とともに全国にその名を広めた「五家寶」は、尾崎紅葉や泉鏡花らの作品にもその記述をみることができ、いまや埼玉三大銘菓の一つとして数えられております。奇をてらわない素朴な菓子ゆえ、素材そのものや製法がすべて味の決め手となります。先人達がそうしてきたように、
(更新日時:2014/09/13 14:11)

昔スイーツ一口五家宝ごかぼう 味比べ

価格: 2,000円 レビュー評価:4.83 レビュー数:6
商品詳細説明名称昔スイーツ五家宝味比べ原材料名水飴 砂糖 黄な粉 水 もち米 着色料(黄4、青1) ごま 青のり アーモンド馬鈴薯澱粉 食塩 トレハロース内容量極上一口五家宝12個入×1 若草一口五家宝12個入×1ごま一口五家宝12個入×1 のり一口五家宝12個入×1アーモンド一口五家宝12個入×1おまけきな粉ひねり3個賞味期限50日保存方法高温多湿なところは避けてください製造者東京都足立区 渡藤製菓備考落ちる黄な粉や砂糖にお気をつけくださいちょことづつ食べたいあなたにぴったり♪五つの味がたのしめる袋詰め☆黄な粉和菓子☆昔スイーツ味比べ☆2000円☆送料無料☆きな粉ひねり1パックサービス♪こちらの商品ご注文の方は他の商品を送料無料でご購入いただけます。
(更新日時:2014/09/13 14:11)

五家宝 松籟 【15本入り】 紅葉屋本店 五家寶 ごかぼう 松籟 しょうらい 熊谷を代表する銘菓、埼玉県の定番お土産品! 埼玉県のお取り寄せ お土産 ギフト 【まち楽_埼玉】

価格: 875円 レビュー評価:2.5 レビュー数:2
※発送までに1週間?10日ほどお時間を頂く場合がございます。予めご了承くださいませ。メーカー:(株)紅葉屋本店【原材料】大豆、もち米、砂糖、水飴【賞味期限】2?3週間【内容量】15本入り【保存方法】直射日光、高温多湿を避け、開封後は、お早めにお召し上がり下さい。1765年(明和2年)、初代 紅葉屋庄次郎が創業し、以来二百四十余年の永きにわたり、紅葉屋本店は「五家寶」一筋に商いを続けてまいりました。江戸後期の文人・太田南畝の随筆「奴師労之」には、将軍家治の日光社参に随行した際、道中に“五箇棒”と呼ばれる菓子があったことが記されております。また、近代になり鉄道の発達とともに全国にその名を広めた「五家寶」は、尾崎紅葉や泉鏡花らの作品にもその記述をみることができ、いまや埼玉三大銘菓の一つとして数えられております。奇をてらわない素朴な菓子ゆえ、素材そのものや製法がすべて味の決め手となります。先人達が
(更新日時:2014/09/13 14:11)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ